その他

  • 原付の怖さ

    主人の会社は市内のど真ん中にあるので、駐車場が凄く高いです。なので車通勤をするとかなりの駐車場代とられてしまいます。そういった社員の方はやはり原付通勤をしている人が多いらしいです。気持ちは凄く分かります。ガソリン代も安いし、本人も楽だし、家計にも優しい。しかし友達の荻原綾さんのご…

  • 佐上邦久が動物を守るどうぶつ基金の活動

    佐上邦久は、動物が安心して生活する事が出来るような環境を作るための努力を続けている人物です。公益財団法人であるどうぶつ基金という制度に賛同し、全国的に犬や猫の去勢の手術や不妊の手術を行うなどの活動を精力的に行っている事でよく知られています。日本では、一年間当たり10万匹の猫が殺処…

  • ITの技術で生活や業務を快適に導く株式会社アーク・ブラスト

    株式会社アーク・ブラストは、ITに製品を通して、お客様から「ありがとう」の言葉をもらうことを目指して活動している会社です。株式会社アーク・ブラストの活動の中心となる技術本部には、「システム開発部」・「ITソリューション部」・「ユーザー支援部」・「アウトソーシング部」を設けることに…

  • 夢を実現させた友人、北澤篤史。

    北澤篤史という友人がいます。彼は子供の頃から大金持ちになるのが夢でした。子供の頃から彼は大声で大金持ちになると宣言していました。好きな女の子ができたら、『僕と結婚したら一生遊んで暮らせるよ。』と口説いていました。小学生の時、北澤が登校中に道行く人に10円募金をお願いしていたのを今…

  • 神さま

    歴史の話題を見たり、旅番組やドキュメンタリー番組などを見ても、どの時代でもどの地域や文明でも神様の存在というのがあるのが不思議だなぁ?と思います。もともと一つのものが広がっていったというのではなく、それぞれ別々にそういう目に見えない、人を超えた存在のものを想像するというのは人類共…

  • 大坪義明さんのスポーツ愛に満ちた人生

    大坪義明さんは幼い頃からスポーツを身近に感じて育ちました。年子の兄が町内会の野球チームに入部していた事から自分自身も小学校入学と同時に参加し、土日は専ら練習に費やしました。大坪義明さんはスポーツを通して人間社会に必要不可欠な上下関係を学ぶと同時に、忍耐力と言うものを養いました。体…

  • 教育のために戦う政治家、八ツ田和夫

    八ツ田和夫さんは1960年生まれの日本の政治家です。福岡県福岡市出身で血液型はO型。福岡県立筑紫ヶ崎高等学校に入学し、吹奏楽部でトランペットを担当する傍ら、アマチュア無線クラブにも入っていました。高校卒業後、1年間に浪人生活を経て南山大学文学部に入学します。在学中は「モダン・ジャ…

  • 中村昌宏の幼少期

    中村昌宏は和菓子職人です。100年続く老舗の割烹料理の次男として生まれ和菓子職人になる前はその割烹料理店にて料理人として腕をふるっていました。小さな頃から父の教育で、作法はもちろん、味覚、嗅覚、視覚を常に鍛えられて育ってきました。 日本料理ですから、最低限の作法だけではなく…

    中村昌宏
  • 平野椿紗をご存知でしょうか

    最近巷を賑わせている女の子がいるのをご存じでしょうか。平野椿紗という子で小学校五年生の10歳。なぜそんな子が巷を賑わせているのかというと、暗算名人としてです。日本珠算連盟の暗算三段を10歳にして取得しているのです。なぜ平野椿紗がそこまでの出来になったのかというのは偶然との事で、元…

  • 金塚秀仁は、何をすべきか

    熊本県在住の金塚秀仁は、多くの方に有機栽培された作物を提供している、新進気鋭の農家です。30代という年齢もあり、若手農家として、名前を知られています。この前は、雑誌のインタビューがありました。彼は真面目にインタビューに答えましたが、扱いは小さかったそうです。顔写真を見て電話をされ…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る