記事の詳細

大淵裕昭は学生時代東京の大学に通っていました。出身は島根でしたが一度は都会で生活してみたいという思いがあったので、頑張って勉強して慶応義塾大学に入学しました。大淵裕昭は小さい頃から勉強をすることが大好きで、高校も地元では有数の進学校に通っていましたので、せっかく東京の大学に行くなら名の知れた有名大学に行こうと思って高校2年のときから猛勉強をしてきました。小学生の頃からテストの成績はとても良くて、自分なりの勉強方法をマスターしていたからこそ、高校になってからも自分なりの勉強方法で受験勉強をしてきました。

東京の大学には必ず行きたいと思っていましたが、どの大学に行きたいかは最後までずっと悩んだところでした。最初は東京大学を目指そうと本気で思ったときもありましたが、東京大学を目指そうとするとたくさん勉強しなければいけなくなってしまい、部活動にも支障が出てしまうということで、最終的には慶応義塾大学を選択して受験をして現役で合格することができました。特に高校時代は勉強と部活の文武両道がとても大変でしたが、そこで諦めずにしっかり頑張ることができたからこそ、現役で大学に合格をすることができたので、高校3年間本当に勉強をしてきて良かったと思っているようです。

大淵裕昭が過ごした大学4年間はあっという間に時間が過ぎていきました。慶応義塾の学費は親が出してくれましたが、東京で生活するときにかかる生活費は大淵裕昭自身がバイトをして稼がなければいけなかったので、勉強とバイトの両立はとても大変でした。最初はコンビニなどでバイトをしていましたが、思った程にはバイト代を稼ぐことができなかったので、そこからは時給が高い家庭教師や塾の講師のバイトなどをするようになりました。それによって毎月10万円以上の収入を得るようになってからは、東京での学生生活も自分のペースで生活することができるようになりました。慶応義塾大学は私立の名門大学と言われています。田舎から都会の大学に入学をして最初は戸惑うこともありましたが、4年間という大学生活の中で様々な体験をすることができたので、大淵裕昭も人間として大きく成長することができるきっかけとなった人生のターニングポイントになったところです。もし大淵裕昭が地元の島根の大学に入っていたらここまで大きく成長できなかったでしょう。東京という大都会の中で様々なものに揉まれながら生活したことで、人間として大きく成長しました。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る