記事の詳細

萩広史は30代半ばのおとなしめな男性。毎日真面目に会社に通う会社員です。彼が今最もはまっているものは、料理。特に魚料理に凝っていると言います。元々彼は魚の煮つけが大好きで、母親が生きている間は肉料理を食べる機会が少なかったそうです。母親が亡くなり大好物の魚の煮つけが食べられなくなってしまったことがきっかけで、自分で料理をするようになりました。周囲の誰もが知っているほど有名な魚好きである荻広史の料理の上達振りに、周囲も驚いているようです。一般の主婦が作った魚の煮付けよりも、はるかに繊細な味はもはや料理人として活躍できるようなレベルだと絶賛する人もいるそうです。

他の家事や育児をしながら料理もしなければいけない主婦とは違い、料理に手間をかける時間を取れるということが上達の近道だったのかもしれません。萩広史が、1週間のうちに必ず食べる魚があります。それは金目鯛の煮付けです。また、この煮付けはよく会社の仲間が集まる場でも振舞われている一品であり、おかげで集まった皆のお酒も進んでいくそうです。萩広史の料理には男らしからぬ華があり、色彩や盛り付けのセンスも抜群です。目で楽しみ、舌で楽しむことができるものなのです。そして煮つけが一番の大好物の萩広史が、最近挑戦し始めた料理があります。それは焼き魚料理です。

単に魚を焼けばよいだけの話ではないのか?と思うのが一般的な意見かもしれませんが、彼の場合は使う材料にもこだわります。例えば、青魚に香りのよいレモンオイルを振りかけてみたり、香辛料などにもこだわってみたり。毎回自分で試食をしながら魚とのつり合いをとっているそうです。こうした独自の研究をして、よりいっそう焼くだけの魚料理を向上させているのです。萩広史の料理への関心はさらに強くなっており、その味も皆に認められています。料理ができる男性というのは、みんなが集まる場所には欠かせない存在になっていきます。独身である彼の家は、そういった意味では集まりやすく、周囲の人たちの隠れ家的存在になっています。この様子や、彼が集まった人々にふるまった料理のレシピは、彼自身のSNSでも取り上げており、それを参考にしている人もたくさんいます。

「彼の家に行けば、美味しい料理を食べることができる。だから、料金を支払わない代わりに、こちらも上等なお酒を持っていけばいい」彼の家に集まる人々は言います。萩広史は、これからも、大好きな魚料理を彼らしいアレンジで進化させていくことでしょう。そして、新しい彼の料理を心待ちにしている仲間たち。人とは違う目線から魚を観察し、自分なりの味付けをしながらその味を自分の物だけにしていく萩広史。これからも進化していく彼の魚料理から目が離せません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る