記事の詳細

渡邊曻さんが会長を務める株式会社リビエラ東京は、「伝統と格式」を重んじて、半世紀以上もの間、生涯最高の晴れ舞台である結婚式や披露宴を演出してきました。結婚式や披露宴というのは、人生の分岐点となる大切な行事なので、最高のものにしたいと考えるのが当然です。このような伝統文化を守りつつ、利用者の希望にも答えながら、渡邊曻さんは株式会社リビエラ東京を盛り上げてきました。

お客様に心から満足してもらう素晴らしい結婚式には、これまでに培ってきた経験を活かすだけでなく、新しい感動の提案も必要です。伝統文化をさらに進化させてきたことで、現在でも多くの人から結婚式や披露宴などの依頼が来ているのです。渡邊曻さんはお客様の意見をしっかりと取り入れて、時代に合った新しいスタイルを提案することで高い支持を得てきました。
そんな渡邊曻さんが会長を務める株式会社リビエラ東京が「伝統と格式」を守ることと同等に大切にしていることが「ホスピタリティ」です。リビエラ東京では、世界でも有名なカントリークラブを運営しており、そこではスタッフによるハイクラスな「ホスピタリティ」によって多くのお客様に満足していただけるサービスが提供されています。そんな「ホスピタリティ」と「伝統と格式」がリビエラ東京の原点であり、競争力でもあります。

それらの質を高めるために、渡邊曻さんはなるべくアウトソーシングには頼らないと言います。
衣裳やメイクなど多くの企業がアウトソーシングしていますが、自社内で手掛けることで、お客様のニーズに柔軟に対応することが可能になり、感動と良質なサービスを提供できるのです。渡邊曻さんは人生の一大イベントであるウェディングをお客様に心から満足してもらうため、株式会社リビエラ東京をウェディング業界のリーディングカンパニーとして時代の先を見据えた新しい提案を続けています。

渡邊曻の想いが詰まったリビエラ東京のウェディング事業

株式会社リビエラ東京(代表取締役会長渡邊曻)の事業として有名なのがウェディング事業です。多くの事業を手掛ける株式会社リビエラ東京の中でも特に顧客満足度が高く、話題を呼んでいます。なぜこのように高い満足度を維持し続けられるのでしょうか?それは代表取締役会長である渡邊曻さんの考え方が深く関係しております。

株式会社リビエラ東京のウェディングは、通常のウェディングとは少々異なっています。最も大きな違いが表れている部分が「トータルプロデュースである」という点です。実は多くの結婚式場はヘアメイク、ドレスコーディネート、カメラマンなどをアウトソーシングしています。しかしリビエラ東京は渡邊曻さんの強い想いのもと、全てを自社のスタッフで賄っています。実際のところ、コストに関して言えば人材を一から育て上げるよりも、アウトソーシングした方がグッと低く抑えられるのは事実です。そこをあえて自社スタッフで行うのにはそれ相応の理由があります。

自社スタッフで全てを行うメリットは、「すべての仕事を迅速にこなせる」という点です。アウトソーシングに頼ると連絡体系を整えるのが難しいのですが、全員が自社スタッフであれば指示系統がしっかりと機能するため、スピーディな対応が可能となるのです。これは「お客様のニーズを満たす」という点において非常に大きな点です。「どのような要望にも迅速かつ丁寧に対応出来る組織」を作る。これが、お客様のことを第一に考える渡邊曻さんの方針なのです。

具体的な例を見てみましょう。結婚式を華やかに彩る「フラワーデザイナー」。リビエラ東京ではこのフラワーデザイナーも自社スタッフです。アウトソーシングの場合に起こりやすいミスとして、フラワーデザイナーにお客様の要望がうまく伝わらないというものがあります。これは相談できる窓口が統一されていることで、お花のことが分からないスタッフが対応しなければならないために起こります。これが自社スタッフだと、お客様とフラワーデザイナーが直接コミュニケーションをとることができるようになります。専門スタッフ以外では聞きもらしがちな細かな要望、ニュアンスなどが仕事をする人間に直接伝わるため、会場が思っていた通りの仕上がりになるのです。

上記はほんの一例ですが、その他の部分でもこれと同じような状態となっています。渡邊曻さんの想いのもと、どんな細かな要望も実現してくれるリビエラ東京でのウェディング。今後結婚式を挙げる予定の方も是非チェックしておくと良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る