記事の詳細

野澤渉法律事務所では野澤渉が代表を務めており、いろいろな弁護士業務を担当しています。主に相続と不動産関係の業務を専門としているのが特徴的です。法律事務所というのはそれぞれに得意分野があるのが普通なのです。幅広い分野が存在しているため、そのすべてを一つの法律事務所がカバーするのは難しい面もあります。そのため、それぞれの法律事務所は専門に特化したサービスを提供する傾向に動きつつあります。相続問題の業務では、たとえば遺産をどのように分割するのかという問題を解決します。これは法律も関わる重要な問題であり、きちんと問題を解決しないと遺族間の仲違いにつながってしまうでしょう。実際に相続の問題によってトラブルが生じてしまうことは珍しくないのです。また、遺言書の作成にも対応しています。遺言書は法律にしたがって正しい方法によって作成されないと効果を発揮できなくなります。そして、生前にきちんとした遺言書を作成しておくことによって、自分の死後に遺族に迷惑をかけないで済むのです。不動産に関する問題についても解決します。不動産の売買をめぐる問題や借地権に関する問題、あるいは賃借人の立ち退きについての問題にも対応しています。これまでに幅広い業務を経験してきた実績があるため、多くの依頼人が安心して仕事を頼んでいます。できるだけ問題をスムーズに解決して、依頼人を満足させることを重視しているのです。

依頼された案件について解決した際にきちんと正当な報酬を請求しています。野澤渉法律事務所というのはサービス業として業務を進めているのです。サービスの対価として正当な対価を得ることはとても大切なことであり、サービスには正当な対価が伴い、正当な対価を得るからこそ責任のある仕事ができるのだという社会の仕組みを維持するためにも、法律事務所が積極的に適切な形で弁護士報酬を請求することはとても重要なことでしょう。弁護士報酬にはいろいろなものが存在しています。たとえば口頭による相談については法律相談料が設定されています。一般的な法律相談から事業に関する法律相談まで受け付けているのです。基本料金は30分で設定されていて、そこから15分が経過するごとに料金が加算されていく仕組みとなっています。また、案件を受ける場合には着手金が発生します。実際にその案件を成功させたならば報酬金を請求することになります。手数料についてもきちんと請求しています。これらの弁護士報酬を得ることによって、法律事務所はきちんと経営を続けていくことができるのです。詳細についてはきちんと依頼人に説明するようにして、ホームページ上でも明確に記されています。説明のない料金を請求するようなことはしません。法律事務所であり、さらにはサービス業の使命として誠実な態度で依頼人に接しているのです。

野澤渉法律事務所ではいろいろな取り組みを実施しています。それらの取り組みによって、地域の人達にできるだけ法律事務所に親しんでもらおうとしているのです。たとえば不定期ですが無料法律相談会を実施することがあります。世の中にはいろいろな悩みを抱えている人が多いのですが、法律問題が深く関わっていることも多いのです。そのような人達のための相談会を実施しているのです。それを不定期ですが無料で実施することによって、気軽に利用できるようにしています。そこで悩みを相談した結果として、気持ちが楽になったという人もいれば、そのまま仕事の依頼をする人もいるのです。そのため、法律事務所にとってもメリットがたくさんあります。あるいはセミナーや講演会を実施することもあります。これらは一般市民が気軽に参加できるものであり、法律について深く理解してもらうために行っているのです。野澤渉は地域の人たちとの交流をとても大切にしています。法律事務所として法人のお客さんだけではなくて、個人のお客さんも大切にしているのです。多くの人達に法律のことについてもっと深く知ってもらうことによって、法律事務所という存在がもっと身近なものになるだろうと考えているのです。そうなれば、法律事務所にいろいろな相談事を持ち込む人も増えてくるでしょう。自分達の心の中に問題を抱えたままにしておくのではなくて、それを解決するために法律事務所を利用する人がもっと増えれば良いと考えているのです。そのためにセミナーや講演会などを行って、そこで分かりやすく法律というものについて野澤渉が説明をして、理解を深めてもらおうとしているのです。このような地道な努力を積み重ねていくことによって、野澤渉法律事務所が社会に貢献できる存在であることを認識してもらうことに成功しています。これからもこのような取り組みをきちんと行っていくでしょう。そのメリットは大きいのです。

野澤渉法律事務所
http://houritsujimusho-2010-12-06.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る