記事の詳細

東中野はりきゅう整骨院SPORTS LABの院長先生は過去に、上海中医薬大学への献体解剖留学や上海第二医科大学付属瑞金病院へ短期留学をしており、整形外科疾患、産婦人科疾患、自閉症や内分泌疾患などを学んできたとのことです。
現在は、国立スポーツ科学センターで選手のケアや、日本の大学病院の機関にてスポーツ科学、産婦人科疾患、不定愁訴、後遺症や合併症に関する研究をしています。

この先生は、治療にはしっかりとした科学的根拠が必要で、一方的にマッサージをして終わりなどというものではなく、根本的なところから悪い部分を治そうという考え方の人です。
また、院長先生を支えている中野区 鍼灸院のスタッフの方々は、少しでも患者さんに納得してもらえる治療ができるように患者さんの立場になって、最高のおもてなしができるように努力したいとおっしゃっていました。

東中野はりきゅう整骨院SPORTS LAB
http://higashinakano-sl.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る