記事の詳細

川口動物医療センターは飼い主様との円滑なコミュニケーションを通じて、信頼関係を結ぶことに注力しています。飼い主様と病院の双方が信頼関係を築いていない医療は本当に役に立つものではないという考え方にしたがって、利用者とのコミュニケーションを取りながら診察内容を説明することに注力しています。つまり、インフォームドコンセントと呼ばれるものですが、患者様との信頼関係を結ぶことに注力しており、納得してから診察・治療に当たれるような取り組みをしています。

続いて、川口動物医療センターの診療に関する考え方を見てみましょう。利用者に対して本当に理解してもらうためには、どのような説明が必要なのかを考えているのがこちらの病院の特徴です。医療用語をそのまま伝えるのではなく、どのように表現すれば飼い主様にとって分かりやすいものとなるのかを追求。言葉ではもちろんのこと、画像や表を用いて、あるいは模型を用意して説明しています。手術や治療に関して解説しながら、本当に納得してもらえるように診療を行っています。

川口動物医療センターでは外来受付を行っております。診察科目としては犬や猫を中心としています。午前の診察と午後の診察の両方に取り組んでいます。診察は基本的に予約制ではないため、突然の急患にも対応できることが特徴です。ペットが生命の危機に関わっているようなとき、急いで診察をして欲しいと思うのであれば、診療を行ってくれる機会は十分にあります。

川口動物医療センターは1992年に開設。開院当時からは2名の獣医が担当していました。安藤純院長と澤田努医師が担当していたのですが、2013年からは安藤遥医師が参加。3名体制で動物の診療に取り組んでいます。院長の安藤医師は神奈川県に生まれ、30年以上獣医として動物を診ています。アジア獣医皮膚科学会や日本獣医がん学会など、さまざまな学会に参加しています。動物の治療に対して積極的な取り組みを見せていることが特徴です。

川口動物医療センターはJR西川口駅の近くに位置しています。閑静な住宅街に溶け込むように立地しており、地域住民にとって利用しやすい動物病院となっています。なお、自動車でのアクセスも可能。近くに9台まで収容できる駐車場を有しているため、お車でお越しの方も利用しやすい環境になっています。分かりやすい説明とともに最適な診療サービスを受けたいと考えている方は、ぜひともこちらの病院を利用してみましょう。

川口動物医療センターの診療方針

埼玉県の川口市にある川口動物医療センターでは、様々なペットを飼っている飼い主とコミュニケーションを通じて信頼関係を作り上げています。これはインフォームド・コンセントと呼ばれているものです。医療に対する考え方や治療方針について双方が納得した上で診察などを行っていきます。川口動物医療センターでは、この考え方を守りつつ最良の結果を出せるように治療を行っているのです。
さらに川口動物医療センターでは、犬や猫を中心に外来の受付も行っています。診察時間は午前と午後に分かれており、予約制を採用していません。そのため急な疾患を患った場合でも川口動物医療センターではすぐに対応することができます。重病を患って生命の危機にさらされている状況であれば、しっかりと診察を行ってくれます。診察方法はどのような表現をすれば飼い主にも理解をしてくれるか考えていきながら説明を行っていきます。レントゲンなどの画像や表などを使って理解できるように説明をしていくことによって川口動物医療センターが考えているインフォームド・コンセントに近づけていくことができます。
手術や治療なども川口動物医療センターで行っていますが、解説も交えて飼い主が納得がいくように診療を行っていますので安心して受診しましょう。

有限会社川口動物医療センター
http://www.kamc.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る